痩せる為の筋トレは「スクワット」から・・キーワードは基礎代謝の向上

夏を前に腹筋をバキバキに割りたい山崎レモンサワーです。

ムキムキマッチョになる目的だけではなく、
ダイエットの為にも筋トレは有効です。

おなか周りをスッキリさせるために腹筋をする人は多いですが、
実はもっと大事な筋トレがあります。

それは「スクワット」です。
基礎代謝をあげるのにもっとも効果的で手っ取り早いからです。

基礎代謝とは、生きていくために最低限必要な生命活動、呼吸や心拍、血流、内臓を動かしたり体温を維持するなどに使われるエネルギーです。
1日の総消費エネルギー=基礎代謝(約70%)+生活活動代謝(約30%)
基礎代謝の中で、最もエネルギー消費が多いのは筋肉です。
筋肉を鍛えて筋肉量を増やすことで基礎代謝量が増え、太りにくく痩せやすいカラダになります。

つまり筋肉をつけて基礎代謝をあげれば普段からダイエットしている感覚で多くのカロリーが消費されているみたいなイメージです。

スクワットではおもに下半身を中心に多くの筋肉を使います。
太もも前の大腿四頭筋や太もも裏のハムストリング、内ももの内転筋群におしりの大臀筋(だいでんきん)などの筋力アップします。
腹筋も鍛えられ、体全体をバランスよく鍛えることができます。

使う筋肉が多ければ鍛えられる筋肉も増え、基礎代謝による消費カロリーも増やすことが可能です。

痩せようと思うなら、食事を減らすだけのダイエットはせず、まず基礎代謝を上げる事からはじめましょう。

その為には「スクワット」が効果的なのです。

器具を使ったスクワットもいいですが、ティップネスのプログラム「パワーラッシュ45」でダンベル担いでやるトレーニングも最高に効果的で気持ちいいです。

明日はティップネスで自分を追い込むとするか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です