食事制限、糖質制限でチートデイを設定する効果とは?

どうも夏を前に腹筋が気になりだした山崎レモンサワーです。

今日はチートデイについてです。

チートデイとは食事制限をしつつも、週に一回ていどは制限をはずし好きなだけ飲み食いしてもいい日を設定する日の事です。

これは普段頑張っているから、ご褒美で一日くらい息抜きしようという事でやる訳ではありません。(まぁその意味も持たせていいと思いますが)

このチートデイを設定する方が、チートデイを設定せずに食事制限・糖質制限をするよりも効果が高くなるからです。

チートデイは、減量中に訪れる停滞期を防ぐ効果があります。
人間の身体は、生命を維持するために必要な状態を保ち続けようとする性質「恒常性維持」を持っています。

脂肪の減少によって「身体が飢餓状態に陥っている」身体は認識し、自然と恒常性維持機能を働かせて消費エネルギーをおさえようとします。代謝が落ちた状態ともいえます。

全体の普段と変わらない生活でも消費するエネルギー量が減り、トレーニングや食事制限・糖質制限をしても減量ができない停滞期をむかえてしまうのです。

これをチートデイを設定する事で、停滞期に陥るのを防ぐという訳です。

暴飲暴食とまではいきませんが、週に一回でも我慢せずに飲み食いしたほうが、効果が減量効果が高いなんて、人間のカラダは不思議なものです。

あまりストイックにならずに、あえてのチートデイを意識的に設定しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です